職業による有利不利があるカードローンの審査

職業による有利不利があるカードローンの審査

カードローンを利用できない職業はあるか

当然ながら無職で融資してくれる会社はありませんが、有職でも借りやすい職業、借りにくい職業があるのは事実です。役職などはほとんど問われず、安定給与を得られること、そしてリストラの危険性が低い職業が好まれる傾向にあります。

 

ただし、借りられない職業を明記している金融機関はほとんどなく、給与を得られる仕事であればどんな職業でも借りるチャンスはあります。年収100万円を切るという方でも、審査に通過した事例は多いため、職業・年収が原因で断られるケースは少ないでしょう。しかし、融資額、金利などは異なってくる可能性があるので、安定した職業の方のほうが優遇される可能性は高いです。

 

モビット審査などのカードローンの審査では、在籍確認が行われますし、一定の金額以上になると収入証明も必要となります。自営の方に関しては、企業に属しているわけではないので、少額の融資でも収入証明の提出を求められることがあります。

 

自営の方の場合は、自営業者専用のカードローンがありますので、こちらを利用するといいでしょう。アルバイト、パート、派遣といった方に特化したローンはありませんので、これらの雇用形態に該当する方は、通常のカードローンに申し込んでください。

 

アルバイトの方でも安定した収入があるなら、大手のプロミスの利用も可能です。ネット申し込み後にプロミス札幌で契約を進めれば、最短即日融資も可能です。

 

使い方で選びたいカードローン

カードローンは複数の業者から発行されており、同じようなサービスを提供しているものの、それぞれ違った特徴を持っています。例えば借りたお金を返済する時に加算される金利は業者によって違いがありますし、発行までのスピードや審査にかかる時間などもまちまちです。

 

それらを考慮した上で、自分に合ったカードローンを作るようにします。もし普段からスーパーなどのお店を利用する機会が多いのであれば、流通系のカードを作ると便利です。百貨店やスーパーなどが独自にクレジットカードを発行していますが、それに付いているサービスを活用できるからです。

 

審査が全般に早いため、急にお金が必要になった時でも役に立ちます。また使い方によってはお店で使えるポイントなどが付与されることもあり、お得度が感じられるというメリットがあります。一方で金利の低さを重視して作りたいのであれば、銀行系のカードがおすすめです。

 

他の業者に比べると金利が低いことが多く、返済金額を大幅に抑えることができます。金利のちょっとした違いは、借りるお金の総額によって大きな違いとなって現れます。多額のお金を借りることが初めからわかっているのであれば、銀行系を選ぶことで節約できるので便利です。

 

金融機関からの信用を得るためのコツ

金融機関のカードローンを利用するなら、信用してもらったほうが確実に得をします。限度額を増やしてくれたり、金利優遇をしてくれたり、信用度の低い方に対しては、優遇処置を施してはくれません。

 

金融機関から信用してもらうには時間がかかり、1日、2日では到底不可能です。最低6ヶ月、本格的に信用を得るには1年以上と考えておくといいでしょう。何事も信用を得るのは最初が肝心となるので、はじめのころは絶対に返済期日に遅れないようにしてください。

 

たった1日の遅れといえども、遅れたことには何ら変わりありません。

 

遅れないためのコツは、早め早めに返済していくことなので、期日ギリギリに返済する必要はなく、気がついた時点で返済しておくといいでしょう。例えば、15日が返済日ならば、10日気づいた時点で返済してもいいのです。ただし、カードローンは便利な反面、返済を忘れてしまう可能性も高いため、口座指定をして引き落とししてもらうという返済法もおすすめです。

 

給料の振込口座を設定しておくのもいいですし、出費専門の口座を用意しておくのもいいでしょう。給与・出費用というように口座をわけると管理しやすくなり、返済し忘れを防ぐことが可能となります。

 

ATMの手数料を知ってカードローンを賢く利用しましょう

カードローンで借り入れをしますと銀行やコンビニのATMを使ってお金を引き出したり返済をしたりする機会が多くなります。しかしATMを利用してお金を引き出したり返済を行いますと、そのたびに手数料が発生します。1万円の借り入れでは税抜きで100円、返済では税抜きで200円の手数料がかかるのが一般的です。

 

年利18%の借り入れをしている場合、2万円を借りますと1ヶ月後には約300円の利息を払わなければならなくなりますが、これとともにATMの利用料が借り入れ・返済の往復で400円以上かかってしまうのです。ATMの手数料についてよく確かめた上で借入先を選ばないと、ひと月の利息よりも高い手数料を毎月支払い続けることになってしまいます。

 

カードローンを上手に利用するには余分な手数料を取られないローン会社から借り入れをするのが基本です。その点は銀行系キャッシングの会社のものなら安心できます。こういった会社は預貯金の預け入れや引き出しなどですでに全国のコンビニと提携をしているため、ローンの借り入れや返済でコンビニのATMを利用しても余分に手数料がかからないところがほとんどです。

 

銀行系の会社のローンはあらかじめ提携ATMの手数料が本当に無料なのかどうか確かめてから利用しましょう。また、インターネット銀行の口座に返済するローンも返済手数料が無料となっています。

 

優れたサービスのカードローンを利用するなら、大手消費者金融の神戸市東灘区のプロミスがおすすめとなります。

MENU